Infomation

返品のルール

こんばんは!Ruiです♪♪

最近夜の気温の加減がちょうどよくなってきたので、今は家のベランダで作業をしております(^^♪

f:id:akimotorui:20160411004329j:plain

やっぱり落ち着きます♪

本当は夏の夜が一番最高なんですけどね☆

まぁ楽しみにしております♪

そして今回の話題テーマは「返品」についてなのですが、これはあまりにもみなさん知らなさすぎ、そして自分勝手に返品しすぎなので言っておきます!

単刀直入に言いますと、返品可能な場合は以下の通りになります。

・店員が間違ったサイズ、カラーの物を渡してしまった(MなはずなのにLだった等)

・お会計ミス

・どう考えても直らないほど生地が破れている

等、店側に不備な点があった場合にのみ対応可能となります。

つまり、逆に、お客様都合での返品は不可能です。

よくあるパターンが、

・「家に帰ったら似たようなのがあったから要らない」

・「なんとなく気に入らなかったから」

・「持っているコーディネートに合わないから」

・「衝動買いをしてしまって後で気づいたら要らないと気付いたから」

等です。

はっきり言って………………………

”あなたの買い物力が低いだけです”

まずは、あなたの買い物力の低さを認めましょう。

こんなことを続けていると、いつまでもお得な買い物はできませんし、店員から嫌われて相手にされなくなり、バックヤードで悪口の対象になってしまいますから。

サイズやカラーを間違えられた場合や、生地がほつれていた場合等も、確かにそれらのものを渡された側はムカつきますが、商品交換等もできますし、器を広く持ちましょう!

僕らはロボットではなく人間なので、間違いは誰にでもあります。

あなたは間違いませんか?間違ったことは1度もありませんか?

もし間違えない方であればどんな文句を言ってもいいでしょう。

しかし、基本的に人は間違える生き物です。

店員もお客様も人間です。

お互いに間違える存在だということをまずは理解しましょう。

少し前に、トップページのサイドバーの仕様を変更しまして、「人気記事一覧」「カテゴリ設定」を新しく付け加えました♪

ファッション業界のことをよりわかりやすく知って頂くために、記事ごとにわけているので、今回の記事のように、業界の裏側がわかるような内容も多数ございますので、是非ご覧頂きたく思います!!

それではおやすみなさい(-ω-)/

 

関連記事

  1. 衝動買い

  2. MA-1の生い立ち

  3. アパレル業界に対する事実に反すること

  4. ブランドの価値、理解できてますか?

  5. ショップ選びのポイント part 2

  6. マザコンはファッションにおいて✖✖

  7. シルバーアクセの価値②

  8. 服への自己投資

  9. シルバーアクセの価値①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP