アパレル業界への想いを”キラキラ”語る

アパレルショップ

紆余曲折を経てこの記事を書くまでに行き着きました。

アパレル業界で喜びも悲しみも怒りもいろんな感情を味わって、今に至るわけですが、そろそろ本域のアパレル業界について自分のことを語り尽くそうと思います。

Twitterでは言いたい放題言って、業界人にキツく当たっていますが、その理由もこれを見れば「あ〜、それもそのはずね。」となるはずです。

初めに言っておきますが、僕は「アパレル業界人であってアパレル業界人でない」ですし、あなたの「味方でもなければ敵でもないです。」

そして誰の味方にもならないし敵になるつもりもありません。

あなたが勝手に味方だとか敵だとか決めつけているだけです。

僕は僕でしかないですし、わかりやすく言えば僕はWeb業界の人間です。

だから何度も”お前らとは違う”発言をリアルでもネットでもしているんですよね。

これはあなたのためでもあるんですよ。

あなたが僕と同じ人種だと思い込んでしまったら悲しむのは目に見えているからです。

痛い目見るのは僕じゃなくて紛れもなくあなたなんですよ。

だから今ここで赤裸々に語ります。

・・・・・・・・・全てを。

アパレル業界への想い

アパレル経験は販売員経験しかないものの、ネットの大切さに気付いた2015年の初春、思い起こせばもうSV編からガラッと変わっていたのですね。

全てが違うことを。

ネットの凄さに気づく前までは、僕もあなたと同じでした。

「実店舗を活性化させよう!ECに負けるな!」
「アパレル販売員は馬鹿じゃねー!」
「アパレル販売員の地位向上!」
「前澤死ねや!お前がZOZO作ったせいで実店舗がダメになったんだろが!」


とか。

今となっては完全に負け惜しみ&負け犬の遠吠えで販売員の自分をぶん殴りたいですが、この起業塾物語から別人のように変わりましたよね。

10000字にもなるくらい濃かったわけですが、ここでの経験に影響されて、アパレル販売員の時の自分はいずこやら・・・?と思えるくらい。

詐欺ではあったものの、ここでWeb業界とはどんなものなのか?コピーライティングやマーケティングとはなんなのか?を学び、どんどんWebの世界にのめり込んで行きました。

気づけば、恨んでいた前澤さんを崇拝するようになり、前澤さんが創ったZOZOと似て非なるマーケットを創りたい!

前澤さんは実店舗はやらなかったけど、「オレは実店舗を交えたオムニチャネルでのオープンイノベーションを起こす!」というなんともドデカい目標ができてしまったのです。

前澤さんとロードマップは同じだが、開拓するマーケットは違う。
(前澤さんはバンド→カタログ通販→ZOZOです。)

それが今の自分をかたどる背景になっています。

しかしこの

「オレは実店舗を交えたオムニチャネルでのオープンイノベーションを起こす!」

というのはもちろんあまりにも遠くて未知すぎるので、正直自分でもざっくりとしたイメージしか湧いていません。

もちろん、

「起業家だぜ〜!」
「サラリーマンは全員クソだぜ〜!」
「実店舗オワコン!もう足を一切運ばないしネットやってるやつが一番最強!WebサイトWebサイト!SNSSNS!」

みたいに視野が超絶狭くて卍だった時とは違って、大枠はどのようなものなのか決まっていて言語化できます。

それは後ほど・・・なんですが、その軸となる思考がこれ。

かつてのギャル男ブームの最前線を行き、一世を風靡したヴァンキッシュというブランドをメインとした株式会社せ〜の代表取締役の石川さんのツイート。

僕もこの言葉は一字一句狂いもなく高揚感とか通り越して暴れ狂うほど共感しかないですし、自分でも10000000000回も販売員やメーカーに発言しているのですが、どうやら気づくことすら嫌で、耳も痛いようで、この自ら外れる思考や、尖ったアイデアを聞く気は1ミリもないようです。

僕はこんなことにはとっくの昔に気づいているし、この考え方が軸になった上で学んで、他の人とは違った視点で見て、斜め上の自分の見解を述べて、行動してまた学んでということを常に繰り返しています。

”常識を疑う。そしてそれを破って造りだす!”

それだけ。

しかしこんな遠すぎて無謀な目標は誰も持っておらず、僕にしか持てない目標なので、まだ世に出ておらず、ライバルがいないという優越感と、だからこそ理解されなくて仲間もできずらいどころか敵ができやすいという感じになりました。

今では少数ですが、こういう考えを理解して裏を見抜いて応援してくれる人も増えてきたのでまずはこの方々を大事にしていきたいです。

特にTwitterのフォロワー様。

全てリセットして2ヶ月前に再開した時は10人でしたからねww

しかもその10人は完全に無意味な10人。

今はエンジニアやwebデザイナーを中心にファッションテックの方々も多く絡んでくれていますが、どうやらやはり販売員やブランドの創立者、EC担当の老害共がバカなもよう。

販売員時代から今の立場から見ても、やはりこの構図なんですよね。

・本部は販売員のせいにする
・販売員は本部のせいにする

これに対して、

「いい加減わかれよ!!売れないことを全部販売員に押し付けてんじゃなーよクズが!!お前ら本当にやることやってんのかボケ!」

「なんでも本社のせいにすんな!嫌なら販売員なんて辞めちまえアホ!とっとと黙って這い上がれクソ!あいつらと同じように作る側に回れ!販売員の肩書きが10000000トンくらいの足かせになってることにいい加減気付けよ!」

と、店長時代からずっと言ってきています。

しかし約3年、僕がラブホとかドリンク補充とか破産とか詐欺られたり余計なことしまくってる間もアパレル業界は何もしていなかったようです。

完全に思考停止で人に責任を押し付けまくって怠け切っていますね。

まるでラブホ清掃員とドリンク補充ドライバーのようです。

 

人の揚げ足を取る度胸と人のせいにする能力は天才的。

おまけに口だけ番長で言い訳大好物のただ無駄に年だけ食った説得力のないゴミ中のゴミ。

あのさ、度胸だけじゃ意味ねーんだよ!!!!!!

論理的思考ならぬ”老害的思考”

で、実は僕一回アパレル業界クビにしてるんですよ。

この時に。

1年間は1ミリもアパレルの情報取り入れてなかったですからね。

それなのに、久しぶりにTwitterやインスタ再開してみたら何にも変わってない。

販売員時代の時と全く一緒!!

むしろ退化!!

最近フォーエバーも日本から消えたじゃないですか。

アメリカンイーグルも消えたじゃないですか。

サマンサの社長も変わったじゃないですか。

ZOZOの前澤さんも退任したじゃないですか。

ストライプの石川さんもセクハラで退任したじゃないですか。

アパレル衰退ラッシュじゃないですか!

現に、今TwitterでWeb系の人のツイートを見てるとなんか人生進んでいる感じがするんですよ。

でもアパレル系の人のツイート見てるとなんか後ろに引っ張られる感があるんですよね・・・

これが実態ですよ!!

僕って、めちゃくちゃ感覚鋭いですし、洞察力とか分析力にも長けているので人の思考とか性格、先のこととか一瞬でわかっちゃうんですね。

何が言いたいかというと、”今の”アパレルはもう完全終了。

なのになんでそんな上から目線なのか、なんで偉そうにできるのか謎。

まさに負け犬の遠吠え&身の程知らず&世間知らず。

・・・・・・・・・ハッキリ言って、そんなのに何も期待していません。

1000000000000000人に1人いたらラッキーかな程度ですかね。

「日本発を世界へ〜〜!!」
「アパレル業界に革命を起こすぜ〜〜!!」
「イノベーション起こしたい!!」
「販売員の地位向上〜〜!!」
「恩があるんだよ!だから販売員やってんだよ!キラキラしなきゃやってけねー!!」

それにこんな誰かが既に掲げた理念掲げて何が面白いんですか?笑

って話。

あなた自分で言ってて恥ずかしくないの?笑

聞いてる僕の方が恥ずかしいので、もしあなたが上記のような理念にもなってないような理念掲げてるなら、現れないでください。

控えめに言って”イタイ”です。

そんなことで心配かけないでもらいたい。

僕はそんなくだらない理念はもう掲げてないし、革命とかそんなの起こさないです。

日本発を世界へのブランドも一切興味ないです。

なぜなら100%失敗する上にリスクしかないし面白くないし稼げないからです。

何よりその瞬間オンリーワンではなくなってしまうからなんですよ!!

僕がすることはただ1つ・・・・・

”新しいファッション業界を創ること”

これだけです。

Ruiの方向性

方向性を話す前に、今やっていることをお話しします。

僕の経歴は、

1.アパレル店長
2.Webプロモーション企業のフリーライター→詐欺→自己破産
3.ファッションメディア運営

です。

現在は、

・note→壮絶な人生経験から得たブッとび思考術、社会をブッた切る書き殴りブログ(パーソナルな情報)

・Twitter→ファッション業界全般、Webサイト・マーケティング、ファッション×デジタルマーケの3つを発信!(日常から色々思ったことをパッと更新、僕にとってはパートナーのようなSNS)

・Pinterest→オシャレアイテム&コーデ!(商品紹介とコーデオンリー、ポートフォリオ やアルバム感覚としても活用)

・Fashionista×Web→ファッション×テック、ビジネス、スタイリング術など幅広く発信!(スキルや知識を提供、ユーザー目線)

この4つの媒体でそれぞれ違うコンセプトで更新しております。

これだけ使い分けているのでもちろん見え方も違うでしょう。

おそらくこんなふうに思われているかと。

・note→考え方に軸があり、自分の哲学を持っている人
・Twitter→ファッション業界に口うるさい人、ITやwebサイト好きな人
・Pinterest→純粋に服が好きな人
・Fashionista×Web→ファッション業界に精通している人

どれも本当の自分です。

最近ではメディアミックスというのでしょうね。

この手法に近いです。

で、これを用いた肝心の方向性は下記の通りです。

【目的】全ては各SNSからFashionista×Webに繋げて”原点回帰”というオープンイノベーションを起こすため

1.アフィリやアドセンスなんかをやりながらブログとしてアクセスとユーザーを集める

2.メディアやイノベーティブな店舗を紹介するポータルサイトに変化(そのためにあらかじめWordPressのテーマはポータルサイト用のテーマを導入しており、キャバクラやガールズバーのポータルサイト「ポケパラ」のファッションバージョンにすることを目標にしている)

<ポケパラ>

3.ビジネスパーソン、コンシューマー問わず、各業界、初心者・上級者問わず、全てのファッション好きが様々なジャンルで個人の各種媒体を紹介したり、コンテンツ発信できるサイトに変化(もちろんECとして物販もOK)

4.3までに作り上げたWebサイトをメイン媒体とし、ユニセックスブランド創出(基本的には路面やイベントスペースでのポップアップとして閑散期2月〜3月に出店)

5.ディズニーランドにファッションビルやショッピングモール、温泉・スパ、整体、美容室など、ありとあらゆるライフスタイルサービスを突っ込む(オープンイノベーションと新たなファッション業界の創出完了)

以上です。 

Ruiの未来

ファッションというのはあらゆる方向性から追求していくことは間違い無いです。

ある意味まだ始まったばかりです。

2番で話したことに向かって走り続け、何度も地獄を見たり、何度も死にそうになったり、またひがまれることが増えたりするでしょう。

ダイレクトに否定されることも。

また立ち止まって、今回以上に転落することもあるのでは無いかとも思います。

なんだかんだ、ネット・リアル問わずいろんな人と関わっていくし、社交的とか対人関係がうまいとかも言われますから(そんなことは自分では思わなくなった)根本はアパレル販売員の時に培ったことを最大限に生かしに生かすことになりますね。

知識もスキルも経験も地頭も本質も。

もちろん時代の流れも読んで、それに合わせて2で挙げたことが変わるということは大いにあります。

ただ本質は変わらないですよ。


”ファッション業界を再創出して、ライフスタイルエンターテイメント型でオープンイノベーションを起こす”

というのは。

最終的には30年後に独立国家創るか、火星に住むかしてますよ笑笑

いつの日か、燃えて地球に帰ってきます笑笑

  • コメント: 0

関連記事

  1. ファッションビジネス

    今後のファッションビジネスに必要とする人材とは?

  2. アパレル販売代行会社の仕組み

  3. アパレル業界で唯一無二の人間になりたいなら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Profile

Rui

Rui


アパレル店長→起業塾詐欺で1000万の負債・破産→Webマーケター&Webクリエイター

ファッションメディアFashionista×Web運営☆Web系コミュうえぶや統括/コンテンツライティング/SEO/アクセス解析/WordPress/HTML,CSS/JavaScript/jQuery/XD/Photoshop

ファッション業界とWeb業界の狭間で2つの業界のギャップを発信!ファッション好きが様々なジャンルとコンテンツで好き放題発信できるプラットフォームを創出したい!


→詳細プロフィールはコチラ!←
  1. アパレルショップ

    アパレル業界への想いを”キラキラ”語る

    2020.03.26

  2. ファッションビジネス

    今後のファッションビジネスに必要とする人材とは?

    2020.03.25

  3. 【フリーランス】〇〇の人はWeb系のフリーランスになってはいけない

    2020.03.20

  4. アパレル販売代行会社の仕組み

    2017.01.03

  5. アパレル業界で唯一無二の人間になりたいなら

    2016.05.21

  1. セール時期のお買い物の仕方

    2016.04.11

  2. 足元から選ぶと劇的にお洒落になる!

    2016.04.08